脳梗塞は時間との闘いです。

脳梗塞の治療方法

脳梗塞(特に急性期)の治療について

脳梗塞の急性期の治療は、薬による内科的な治療が中心になります。現在日本では、脳梗塞(急性期)の治療においては、「血液の固まりを溶かす薬」、「脳を保護する薬」、「脳のむくみ(腫れ)を抑える薬」、「血液の固まりを抑える薬」による治療などが行われています。

脳梗塞急性期における薬による治療の目的

脳梗塞急性期における薬による治療は、神経症状(手足の麻痺やしびれ、うまくしゃべれない、目が見えにくいなど)を改善することにより、日常生活における動作の障害を最小限に止めることが目的です。