脳梗塞は時間との闘いです。

脳梗塞のリハビリ・再発予防

入院中のリハビリテーションは、なるべく早く始めることが重要です

リハビリテーションは、後遺症の残る患者さんに対して、日常生活の自立と、早期の社会復帰を支援することを目的としています。後遺症を少しでも軽減して、可能な限りもとの生活に戻れるように、なるべく早い時期から体を動かす訓練を開始します。

早期リハビリテーションは、機能回復をさまたげる廃用症候群の発生を防止するために行うものです。病状が安定すればできるだけ早期(入院翌日)から、「急性期」リハビリテーションを開始します。

入院初期の急性期リハビリテーションの例

寝たままの状態でのリハビリテーション

体の向きを変える
麻痺している手足の関節を、介添えをして動かす