脳梗塞は時間との闘いです。

脳梗塞のリハビリ・再発予防

脳梗塞のリハビリテーションは、病状をみながら「急性期」「回復期」「維持期」と進めます

急性期 
救急医療機関
入院後1週間くらいまでの時期に開始します

寝たままで行う
体の向きを変える
床ずれを防ぐ
手足を正しい位置に保つ
体の関節が不自然な位置で固まってしまうことを防ぐ→クッションや砂袋などの器具を用いる
麻痺している手足の関節を動かす(曲げたり伸ばしたりする)
関節が固まったり、筋肉や骨が弱くなることを防ぐ→理学療法士などが介添えをする(曲げたり伸ばしたりする)

維持期 
リハビリ専門病院
入院後、1週間〜3週間くらいまでの時期に開始します

前期[ベッドから起きて座れるようになるまでの訓練]
起き上がる
ベッドに腰かけ、数分間保つ
後期[歩行訓練/身の回りの動作訓練]
平行棒や手すりを用いて立つ〜歩く訓練
食事、書字、洗面などを自分で行えるようにする訓練
例えば利き手の右手が麻痺している場合は左手でも使えるようにする訓練などもあります。
通常、回復期リハビリテーションが終了すれば退院となります。

維持期 
福祉施設/老人保健施設/自宅
早く社会復帰ができるように、退院後に引きつづき行うリハビリテーションです

回復した機能を再び低下させないために行うものです

脳卒中の治療は、専門の医療スタッフが協力し合い、チームワークで行います。

  • 医師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 看護士
  • 臨床心理士
  • 義肢装具士
  • ソーシャルワーカー