脳梗塞は時間との闘いです。

脳卒中とは?

脳卒中について知りましょう

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞(のうこうそく)」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。

脳梗塞
脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなります。
脳血栓症
脳の比較的太い血管が動脈硬化によって狭くなり、さらに血のかたまりによってすこしずつつまります。あるいは高血圧が原因で脳の細い血管が変性して、血管がつまります。
脳塞栓症
脳の血管に、心臓などでできた血のかたまりが流れてきて血管をふさぎます。
一過性脳虚血発作
一時的に脳の血管がつまりますが、すぐに血流が再開します。脳梗塞の前ぶれとして現れることがあります。
脳出血
脳の中の細かい血管が破れて出血します。
くも膜下出血
脳の表面の大きな血管にできたコブ(動脈りゅう)が破れてくも膜の下に出血します。

日本における脳卒中の現状と患者動向

  • 脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、毎年25万人以上が新たに発症していると推測されています。
  • 脳卒中は、がん、心臓病に次いで日本における死因の第3位となっています。
  • 「寝たきりになる原因」の3割近くが脳卒中などの脳血管疾患です。(
  • 全医療費の1割近くが脳卒中診療に費やされています。
  • 高齢者の激増や、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の増加により、脳卒中の患者は2020年には300万人を超すことが予想されています。

寝たきりになる原因

脳血管疾患(脳卒中など) 27.7%
高齢による衰弱 16.1%
骨折・転倒 11.8%
痴呆 10.7%
関節疾患(リウマチなど) 10.4%
パーキンソン病 6.6%
心臓病 3.1%
その他 13.6%

平成13年国民生活基礎調査


脳血管障害患者数

脳卒中の患者のうち日本では4分の3を「脳梗塞」が占めています。

脳梗塞 112.9万人
脳内出血 17万人
くも膜下出血 5.1万人
その他 13万人

平成11年度調査